イベルメクチンを手に言える上での注意点

「イベルメクチンを手に言える上での注意点」のイメージ画像

個人輸入代行のサービスは非常に便利なサービスでありながら、イベルメクチンをはじめとしてさまざまな医薬品やそのジェネリックの輸入を代行してもらうことができます。

しかし、そんな非常に便利なサービスも利用する前に気を付けなければならないことがいくつかあります。
それが、自分で使用するものだけ注文するということです。
医薬品の個人輸入は自身が医薬品を個人使用するのを目的とした輸入に対してのみ、認められている行為です。
そのため、医薬品の個人輸入を家族などに代わって代理で輸入するということはできません。自身で使用するものに対してのみ認められているため、これは違法となってしまいます。

また、自身で使用する目的で個人輸入した医薬品だけど、家族などに譲渡したりすることも法的に問題となります。当然、譲渡だけでなく第三者へ販売したり、個人輸入した第三者から購入したりすることも問題となります。

あくまでも、個人輸入は自分が使う医薬品の輸入のみ認められているということを、適切に把握した上で利用するようにしましょう。
そうしなければ、違法行為で罰を受けることになる可能性もあります。

ですが、適切に個人輸入のルールを把握して守って利用すれば何も危険なことはないので、利用する前にこうしたことを把握しておくことが肝心なのです。